上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ときどき、マクロビオティックというものを、
わかりやすくお伝えしていきます。
もちろん、私の『取り入れ方』を交えながら。

マクロビオティックを少しでもご存知のかたであれば、
すんなりと聞き流せることでも、
まったくご存知のないかたにとっては、
なんだかよくわからないこと、になるかもしれませんが、
最初に一つだけお断りを。

私は、マクロビオティックを押し付けようと考えているのではなく、
正しくお伝えして、興味をお持ちのかたにはさらに興味を持って頂けるように、
興味をお持ちでないかたには、少し興味を持って頂けるように、
そう思っているのです。

その点は、どうぞご了承下さい。

さて、そのマクロビオティックとはなんでしょう。

簡単に言うと、
自分の食事を、自分で自由にコントロールすること、です。
ココロとカラダを健康に保ちながら、なりたい自分になれるように、
というおまけつきで。

って聞くとね、にわかには信じがたいと思いますけれど。

でもね、これ、実はみんな日常生活において、
知らず知らずのうちに、実践していることなんですよ。

一番わかりやすい例が、ダイエットかな。
『痩せたい』『キレイになりたい』
から、ダイエットするでしょう?
そしてそのダイエットって、食事制限、ということが、
まず第一に頭に浮かんではきませんか?

もちろん、運動とか規則正しい生活とか、
そういうこともありますが、
でもやはり、一番最初に思いつくことは、食事制限でしょ?

これ、なりたい自分になるための努力ですよね。

それとか…。

明日は朝早いから、今夜はあまりお酒を飲まないようにしよう、
とか、
餃子を食べたいけれど、今から人に会うから我慢しよう、
とか。

これ、ごくごく近い未来の自分を考えて、
今の食事をコントロールしている、ってことでしょ?

その延長線上にあるものがマクロビオティック、
とも言えると、私は思っています。
それくらい、『難しいことではない』のだ、ということです。

ここでまた一つお断り。
私がお伝えするのは、
あくまでも正しくマクロビオティックを理解した上での取捨選択です。
『ほどよいかげん』とは、適当な、
という意味の『いいかげん』ではありません。

まず、マクロビオティック正しく理解する。
正しく理解したそのあとは、
自分の今の生活に合わせて、取捨選択をすればいい、
と思っていますし、それができるようにもなってきます。

自分の生活に、『ほどよいかげん』で取り入れるマクロビオティック。
私がご提案したいのは、そういうマクロビオティックです。

マクロビオティックは学問でもあります。
でもそれも、正しく理解するために必要なこと。
それを、少しずつ、わかりやすくお伝えしていきます。
ゆっくりのんびり、お付き合い下さいませ。

『その1』はここまで。
ご訪問頂き、有難うございます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。