上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明けましておめでとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願い致します 

さて、明日から仕事始め、
というかたも少なくないと思われます。
かくいう私もそうです。
(休みはあっという間… 

年末年始、日頃は節制していらっしゃるかたでも、
好むと好まざるとにかかわらず、
ついつい、飲んだり食べたりが過ぎた、
ということもおありかと。

マクロビオティックでは、
身体の調子を整えるための食材も、
またお手当てといわれる方法も、
それぞれにいろいろありますが、
まずは今日、そして明日の朝、
身体のバランスを整えるために、
ぜひお試し頂きたいものがあります。

梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)です。

お酒、甘いもの、といったものは、
『陰性』、つまり身体を緩めてしまうものです。
それらの摂りすぎで緩んでしまった身体には、
『陽性』のお手当て(と表現しますが)、
梅醤番茶をお勧めします。

陽性のお手当てですから、
陰性症状の緩和に役立ちます。
例えば、疲労、貧血、低血糖、下痢、アレルギーなどなど。
胸焼けなどにも効果がありますよ。

作り方は簡単。

お湯飲みでもマグカップでも、
何でも結構ですので、
適当な大きさのカップを用意します。

そこに、梅干しを半分入れ、軽く潰します。
その上に、お醤油を小さじ半分ほど加え、
熱い三年番茶を注ぎ、
最後に生姜の絞り汁を数的加えてでき上がり。
熱いうちにお召し上がり下さい。

大切なのは、梅干しもお醤油も、
伝統的な製法による、添加物の入っていないものを使うこと。
もちろん生姜も、
できれば有機栽培のもの、減農薬のものを。

梅干しというもの、
梅干し以前の生のものは、非常に陰性です。
それが、塩漬けされたり干されたりすることにより、
徐々に陽性化していきます 

それから、保存容器(瓶とか壷とかね)に入れられ、
熟成を重ねることにより、
さらに陽性化するのです。

このように、
陰性から陽性への過程を経験した梅干しだからこそ、
私たちの陰性化した身体を、
バランスよく元に戻してくれるのです 

少しでも身体の調子を整えて、
新年の仕事始めに臨みましょう。

ご訪問頂き、有難うございます。
スポンサーサイト
コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。